女の子だからこそ気にしてしてあげたい5つの事


『人前で着替えるのは恥ずかしい』

 

長女がそんな事を言う様になりました。
態度はわんぱくな男の子みたいなのに(笑)
すっかり、女子になっていきますね~(*´ω`*)

 

女の子はちょっとしたことでも敏感です。

かわいい髪型をしていくだけでその日がなんとなく楽しくなったり。
私の母はあまり気が付かない人でして(笑)
子供時代は少々苦労しました。

そんな子供時代を経験した私は娘たちに対して気を付けていることがあります。

1.髪はできるだけ結んであげる

まだ1年生と言えども、心の中はしっかり女。
やっぱりキレイに結っている女の子を見ると羨ましいようです(笑)

ぶきっちょでそんなに上手には結べないけど。
時間のある時はなるべく子供のリクエストに答えています。

髪型一つ可愛くするだけで気分もいいようです。

2.着替えのある日はスカートを履かせる

体育がある日ですね~。
まだまだ1年生、カーテンの仕切りもなく男女一緒にお着替えです。
なので体操服に着替える時、
ズボンを履かせていると一度パンツにならないといけませんよね?
それが恥ずかしいお年頃のようです。

スカートだと先に体操ズボンをスカートの下から履いてスカートを脱げばパンツにならないまま完了しますよね?

 

例えば、夏に虫取りに行くので蚊にさされないよう長袖・長ズボンを持ってきてください。と言われた時なんかもスカートがいいですね。

そして長さの調整が出来るレギンスを持たせています。

3.着替えのある日は肌着を着せる

パンツ姿になるのが嫌というくらいなので。

肌着を着ていないと、服を脱いだとき裸になってしまいます。
なのでこれも着せるように心がけています。

大体は毎日着るんですけどね。
真夏とかは暑いからと嫌がったりします。

ちなみに私は服の下から肌着が見えているのが嫌です( ;´Д`)
いっつも『中にちゃんと入れて』と
言っていますが、、本人は全然気にならないようで結構な割合で出てます(笑)

4.しわしわなものは着せない・持たせない

これは、小さい時からの習慣?
母がいつもアイロンをかけていたから。

 

なのでしわしわなハンカチはもちろんの事、洋服を着せるのも嫌です(*´ω`*)

 

しわしわを持たせてたらそれが普通になるから。

母親の習慣はそのまま子供にいきますからね。

 

その甲斐あってか?
長女は洋服やハンカチがちょっとしわしわしていると嫌がるようになりました(#^^#)

5.靴下・靴の中敷はいつでもきれいに

これは女の子だからというわけではないけど。
いつ靴を脱ぐか解らないし。
習い事先や友達の家に行くときとかね。
靴下の裏が黒いとちょっと嫌じゃないですか?
靴の中敷きが真っ黒だったら靴下もすぐ黒くなりますよね。
なので靴は毎週洗わなくても中敷きは毎週洗っています。

まとめ

やっぱり女の子は清潔感が大事です。
女の子って、ちょっと不潔にしているだけでイジメの原因にもなりかねませんよね。

『めんどくさい』のが先のような子ですが、
何気に照れ隠しの場合だったりすることもあります。

 

ぶっきらぼうでめんどくさがりで( ;´Д`)
男の子みたいな子だけど。

それでも、女の子ですからね。