毎日バタバタ!共働き家庭の一日のスケジュール

スポンサーリンク




ただでさえ、朝はバタバタするのに
小学校に入ってからはさらにバタバタするようになりました。

そんな我が家の毎日のタイムスケジュール公開します。

朝のタイムスケジュール

6:30 起床

6:40 自分の準備

6:45 朝食準備

6:50 子供起床・朝食

7:20 準備・着替

7:30 長女登校

7:40 旦那出勤

8:00   次女保育園・出勤

朝のメイク時間は5分

朝起きてからなかなかエンジンがかかりません。
起きたまましばらくぼーっとする時間も必要です。

メイクの為に早起きも出来ない。

なので私のメイク時間は5分です。

なかなか起きない娘たちに悪戦苦闘

目覚めのいい時もありますが、本当に起きないです。

電気をつけて部屋を明るくしてみたり、
気に入った目覚まし時計をかけてみたり、
本当に起きるまで時間がかかって大変です。

そして起きたと思ってもご飯を食べだすのにまた時間がかかる…。
次女なんかは目を閉じたまま口だけ動かしています。

朝食メニューは手抜きでローテーション

朝食はしっかり食べさせたいけど、
正直、毎朝しっかり作ったりできません。

給食がパンの日は必ずお米を食べたがる長女。
よく、小学校のママから『お腹が空くみたいだから朝はご飯にしている』と言われた事があり、朝からご飯かぁと思っていましたが、、、

長女は卵かけごはんが大好きなのでもっぱら卵かけごはんです。

でも、それだけでは足らないようなので、
次女が食べないパンの耳をコーンスープに浸してひたパンにしたり
シュガーラスク(聞こえは良いけどバターで炒めて砂糖をまぶしたやつ)にしてあげています。

ご飯を食べない次女には

①ヨーグルト・バナナ。

②スクランブルエッグ・お魚ハンバーグ(魚肉ソーセージの大きいやつ)

大体、この2パターン。
食パンをジャムサンドにしたり、
チョコマーガリンで絵をかいてあげたり、
とろけるチーズに魚肉ソーセージのせたり、
100均にあるメロンパン風味のシュガーかけたり、
それでもやっぱり飽きますね(笑)

なので週に1日は、菓子パンDAYを設けています。

帰宅後のタイムスケジュール

16:00 仕事終了

16:45 保育園お迎え

17:00 長女帰宅

17:30 おやつ・宿題を見る

18:00 夕食作り

19:00 夕食

20:00 お風呂・洗濯

21:00 寝かしつけ

帰宅後はお菓子で団らんタイム

おやつは基本、保育園や学童でしっかり食べてきているけど、
2人とも家に帰ってきたらおやつを食べたがるので、パイの実2つだったりおせんべい1枚だったり、少しだけあげています。
その間、宿題をみたりお知らせをみたりしながら3人でお菓子タイムで団らんしています。

それからご飯を作るので、夕食は19時くらいになります。
早く出来そうな時は長女のピアノの練習に付き合ったり姉妹の喧嘩の仲裁に入ったり、なにかと忙しいです。

夫の協力が必要不可欠

フルタイムじゃないにしても仕事をしていたら家事との両立は大変です。

基本的に夕食作りと子供の世話は私がしますが、食器洗いや洗濯は夫がしてくれています。
もちろん仕事で遅くなる日は別ですが…。

なにもかも、一人でこなそうとすると不満もたまります。
それに全部ひとりでやっていたら身体も持ちません。

寝かしつけも交代制にしたらストレスが軽減

遅くても21時過ぎにはベットに行き寝る準備をしています。
長女はあっという間に寝ますが、次女はまだ保育園でお昼寝があるのでそう簡単には寝てくれません。

寝た後でと思っていてもついつい寝落ちしてしまう毎日。

テレビを見たりゆっくりネットしたり自分の時間欲しいですよね。
それでもなかなか次女は寝てくれずイライラ…。
寝たふりをしてみたつもりが寝落ちしてしまって朝を迎えたり( ;´Д`)

なので、寝かしつけも交代制にすることにしました。

今日はパパの日、ママの日。
一日置きにするだけで、寝かしつけも新鮮になるんです( *´艸`)!!

一日起きに自分の時間をしっかりとれているので、寝かしつけの日は苛々する事もなく、子供とぎゅーっとしながら一緒に寝ることができるようになりました。

よく、寝る時は母親がいいというから父親じゃ無理。
という言葉を聞きますが、やってみると意外とできるもんなんです。

もちろん、寝れない~。トイレ~。のどかわいた~。

と理由をつけては布団から出てきてチョロチョロしていますが、ある程度すればすんなり寝てくれるようになります。

なにかと忙しい毎日。
夫婦で協力して、ストレスを少しでも軽減しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする