突然やってきた赤ちゃん返り!その原因と私がとった行動

スポンサーリンク




長女が3歳の頃、次女が産まれました。

産後は病室に毎日やってきては

妹にミルクをあげようとしたり、

泣いていたら私に教えてくれたり、

お世話に協力的な姉でした。

「妹が生まれたら赤ちゃん返りするのでは…」と心配していましたが、

そんな姉の様子を見て「大丈夫そうだな」と思っていたのです。

いよいよ明日は退院日、

長女が『早く赤ちゃん連れて帰りたい!明日はもう我慢できない』と駄々をこねだしたので、最終日は家族全員でベットを並べてお泊りすることにしました。

夜の授乳中、長女に異変が


お泊りにワクワクしていた長女だけど、
5日間それなりにきつかったんでしょうね。

微熱が出てて元気少なめでした。

それでも家族で楽しく団らんして就寝。

そして夜の授乳中、
二人目のハズなのに赤ちゃんに上手におっぱいをあげれないダメ母(笑)

旦那さんに手伝ってもらっていました。

そしたら寝ていたはずの長女が、
『もうお家に帰りたい』と泣き出してしまいました。

今までは夫婦二人の注目の的だったのに、自分を差し置いて赤ちゃんの世話をしていることが気に入らないよね~。と心痛めていましたが。

下の子が出来た上の子の心境は旦那が突然自分より若い愛人を連れてきて『今日から一緒に住むから仲良くね』と言われるようなもの

母乳をあげている姿は、同じ屋根の下で旦那が愛人とイチャイチャしているようなもの

この記事、
もっと早く見ておけばよかった…。

そりゃ、耐えれんわ!!!

当然、次の日の朝になっても長女の機嫌は良くなりません。

長女『もう、帰りたい』

わたし『赤ちゃんミルク飲んだら預けてくるからちょっと待ってて』

長女『嫌だ!早く行って!』

ナース室に赤ちゃんを預けて長女の相手をしていたら次第に機嫌は良くなりました。

退院後はママ嫌モードに。

家に帰ってきてからは、
わたしが赤ちゃんのお世話をするのは仕方ないと諦めたようです。

ただ、パパまで赤ちゃんから取られるのは絶対に嫌なようで。
夫が赤ちゃんを抱っこしようとすれば泣きじゃくって嫌がります。

ママと一緒に寝ようと言っても『嫌だ!パパがいい』とものすごい勢いで拒否されて。
なんだか、ものすごく悲しかったです。

長女の瞬きが増えチック症を疑う

長女の瞬きが増えはじめました。

『あれ?』と異変に気が付いたのは次女が産まれて1か月後にあった生活発表会の時でした。

気になったので調べてみると
『ストレスによるチック症』というワードが!

これで、又『身体に変化が起こるくらいストレスなんだ』と凹んでしまいました。

育児疲れと孤独でMAX

パパっ子はどんどん加速していき、

夜になると赤ちゃんの世話をしている私をよそに長女は『パパ~♥寝よう~』と二人で楽しそうに絵本読んだりおしゃべりしたりしていました。

それに『ホッ』とする程、大人になれていない私…。

どんどん長女が私から離れていくような気がして不安と寂しさでいっぱいでした。

『ママ~♥』とやってきていた娘とは思うようには触れ合えず、一緒に子育てしていた夫も長女の相手で手一杯。

私一人だけ喋らない赤ちゃんのお世話を黙々とやって。
ふりだしに戻されたような、取り残されたような、なんとも言えない孤独感でした。

私がとった行動

そんな毎日に耐えられなくなった私は
旦那に今の思いをすべて話し、

夜は私が長女と一緒に寝て、
その間は旦那が赤ちゃんの世話をするようにお願いしました。

そうすると、私も寝る前にゆっくり長女とおしゃべりできるしスキンシップも取れる。
長女も寝る時はママを独占できる。

次第にわたしも長女も、気持ちは落ち着いてきて長女の赤ちゃん返りは無くなりました。

あの頃、『ママ嫌!パパがいい』と言うのは長女の寂しさの表れだったんだろうし、きっと、私以上に寂しくて不安だったんだろうなと思います。

あの時は、長女の為というか、自分の為ではありましたが結果的には成功だったと思っています(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする