通い始めて気づいた!保育園選びで意外と大事な7つのポイント

スポンサーリンク




そろそろ保育園の申し込み用紙の配布が始まりますね。
どういう基準で保育園を決めていますか?

私の場合、
1、立地
2、保育園の設備・園庭の広さ
3、園児の雰囲気

で決めました。
というか、ほとんど立地が決め手でした。
送迎は通勤ルートと逆になりますが、小学校区だったので。
保育園から同じ小学校に行く子供が多いかなと・・・。

そして、実際に2か所の保育園に通ってみて意外と大事と感じた事を紹介しますね。

気が付かなかった7つのポイント

1. 車・自転車が止めやすいか。

保育園の送迎は車ですか?
それとも自転車?

送迎って毎日の事ですからね。ノンストレスでいきたいところです。

【自転車の場合】

自転車置き場って気にしていませんでした。
でも、いざ登園してみると狭いし止めにくい!!

電動自転車や子供乗せ自転車は、意外と場所を取るし何といっても重い・・。
自転車の時は入れるのも出すのも一苦労。

本当ストレスになります。

【車の場合】

駐車場の場所、
園の目の前もあれば、ちょっと離れた所にある事も。
出来るだけ目の前が便利ですよね。

何台止めれるのか。
園の人数にもよるかと思いますが、送迎ラッシュの時はかなり混みます。
余裕があるくらいがちょうどいいです。

幅は狭すぎないか。
今は大きいワゴン車、多いですからね。
子供の出入れも狭くてあたるんじゃないかと冷や冷やしたくありません。

車の進行方向はどちらか。
大体の園は駐車場に入るときは『この道を通って、ここで並んでください』という園ルールが必ずあるはずです。
この道から入った方が近道なのに通れない。ということも。

私の通っている園では、
朝は門に保育士が立っているので車を寄せると車のドアを開けて子供(以上児限定)を引き取ってくれます。

車を停車するだけで子供を連れて行ってもらえるので忙しい朝にはとても助かります。

帰宅ラッシュ時は並んでいる車の列を見ながら保育士がトランシーバーを使って『〇〇ちゃんお母さんがお迎えです』と園内の保育士に伝えているので、車を止めて門に入る頃には子供は下駄箱、もしくは門の前でスタンバイしています。

これも、渋滞を緩和するための対策なんでしょうね。

ありがたいですが、、、

私は子供が保育園で過ごしている風景が見たいです・・・。
このシステムのおかげで、自然な姿を見るのはかなり難しいです。

2. 朝の準備はどれくらいなのか

朝は何かと忙しいですよね。
保育園に連れて行ってからの準備があるかないかでずいぶん違います。

一つ目の園は登園すると体温計が置いているのでその場で計って記入していました。
これが、本当に面倒くさい(笑)

そして教室に入りタオルやエプロン、着替えをセットし終了です。

お昼寝布団のシーツは月曜に持っていくだけで保育士さんがしてくれていました。

今の園は、朝の体温計りはありません。

1歳児クラスまではタオルやら連絡帳の用意までします。

2歳児クラスも半ばを過ぎるとカバンをロッカーに置くだけ。
後は子供が自分で用意する練習を始めます。

お昼寝布団のシーツは基本親がします。
山になっている布団の中から我が子の布団を探しシーツ掛け。

これ、意外と大変なんですよ。

3. 保育園で過ごす服装は?


園によっては制服があります。
2万円くらいでしょうか。
・・・高いですよね( ;´Д`)

ぶかぶかの制服を着た我が子を見たい気もしますけどね。

1.制服を着て登園し体操服で活動。

2.行事の時は制服それ以外はスモックで活動。

3.制服は園から貸出、私服で活動。

と、こんなパターンでしょうか。
制服や体操服はお金かかるイメージですが洋服代は抑えられそうですよね。

とにかく私服の保育園は着替えが大量に発生します。

なので我が家は西松屋オンパレード(笑)
園児の大半が西松屋を愛用しているので被るのは日常茶飯事。

子供は『〇〇ちゃんとお揃い♥』と大喜びです。

4. オムツは布なのか?紙なのか?

布オムツなのか?
紙オムツなのか?
紙オムツは持って帰る場合とお金を払って処分するかの二通りだと思います。

わたしが通った保育園2か所とも、
0歳児から布オムツでした。

布オムツ、大変です!!

帰宅後は大量の布オムツの洗濯。

ありがたいことに?
頻繁に替えてくれているんです(*´Д`)

そして1歳半頃まではトレーニングパンツも分厚いからなかなか乾かない(笑)

たまに、違う子供の使用済み布オムツが入ってあったり( ;´Д`)

そのまま返す訳にもいかないので洗いますが…。

何度か重なるとちょっとストレスでしたね~。

当然、帰りも布オムツで引渡しされるので、紙パンツにわざわざ履き替えて帰っていました。

たまに忘れようものなら漏らすんじゃないか
と本当にドキドキでした( ;´Д`)

でも、その甲斐あってトイレトレーニングはすんなりでした。
先生には本当に感謝ですね。

5. 教育方針、何に力を入れている?

今の保育園は【のびのび元気よく】というだけじゃなくなってきましたよね。
保育園によって力を入れている方針はさまざまです。

お勉強系、運動系、造形等など。
私が通った保育園2つは造形とお勉強と全く逆の方針でした。

最初の保育園は造形系のほんわかした所で

・運動会、生活発表会に手が込んでいて
未満児からでも十分楽しめる。

・母の日など持って帰ってくる工作物が
手が込んでいて見るのが楽しい。

・おもちゃや絵本が手作りで温かみがある。

何もかもが手の込んだ手作りなので保育士さんの愛情がよく伝わります。

今の保育園はお勉強に力をいれています。

・1歳児クラスからフラッシュカードや
サイコロ詰めと知育教育が満載。

・年少さんになると英語やひらがな、
算数や図形の勉強が始まる。

・保育中にプールやピアノ、サイコロ等
いろいろな習い事が格安でできる。

勉強勉強で始めはびっくりしましたが、
保育園で色々学んでくるので、ほったらかしでも安心できました(笑)

6. 親の参加する行事はどれくらい?

意外と見落としなのがコレ。

行事に関しては、園によって全然違います。

・毎月のように行事がある
・プールの引率まで保護者でする
・バザーや保護者と一緒の遠足がある
・運動会ではお弁当があるorない

親の参加する行事が多ければ多いほど負担は増えます。

これは園によって本当に違いますから必ず確認した方がいいですよ。

7. 呼び出しの基準は?

保育園と言えば、
呼び出しのコール・・・。

何度、これにビビったか(笑)

37.5度でお迎えの所もあれば、38度の所もあります。

小さいうちなんて昼寝して起きると37.3度くらいなら平気でいきます。

昼寝が終わって37.5度、

呼び出しコール

迎えに行くと熱さまシートは貼っているものの元気・・・。

保育士『ママの顔みて安心したのかなぁ~』

わたし『・・・。』

帰宅後、仮病か!?って突っ込みたくなるくらい元気に遊びだす娘。

コレ、何度もやりました( ;´Д`)
37.5度は本当にきついです。せめて38度からにしてほしいですよね。

まとめ

子供にとっては家より長い間過ごすとても大事な場所ですよね。

だから子供にとっても、親にとっても

保育士さんとの相性はとても大事
だと思うんです。

見学中、雑談しながら色々質問していくと
なんとなく相性ってわかりますよね?

保育園は入ったら終わりではありません。

保育園では友達同士のトラブルやら色々出てくると思います。
その時にしっかりと対応してくれる保育士さんだと心強いですよね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする