これで克服!運動会で踊らない恥ずかしがり屋さんの対処法

スポンサーリンク




先日、保育園の運動会がありました。

今年は天気も良くて、、本当に暑かったですね。

昨年までは運動会も姉妹一緒だったので見どころも沢山で忙しくしていたんですが、今年は妹だけなので待ち時間も長く感じて( ;´Д`)

うちの保育園はお弁当もなく、午前中で終わるというのにどっと疲れました~。

下の子だけになると観客が少なくなった

なんでだろう?

長女の時は義親も実親も遠方からはるばるやってきてたのに。

次女だけになった今年の運動会は義母のみの参加でした(*´ω`*)

まぁ、2回目だし。
何をするのかもわかって珍しくはないもんね。

来年になれば、次女も『見に来て!!』と自己主張するようになり、観客が増えるかもしれないけど(笑)

誰よりも張り切っていた姉

今まで自分が出ていた運動会。
今年は卒園児として見学側になることをとても楽しみにしていた姉。

本当、誰よりも張り切っていました(笑)

卒園してから違う学校になった友達との久しぶりの再会で照れながらも、とても嬉しそうに遊んでいました。

全然親元に来ないで友達と遊んでいた姉でしたが、帰ってビデオを見てみると、妹の競技の時にはしっかりと応援席付近で友達と一緒に妹の応援をしている姉の姿が( *´艸`)

いつもはケンカばかりしているけど、やっぱり姉妹なんだなぁと微笑ましく思いました。

照れて踊らない妹への対処法

妹は恥ずかしがり屋なので保育参観に行っても照れるばかりでビデオを撮る気にもならないくらい動きません(笑)

先生からも『う~ん、固まって踊らないかも・・・』と言われていました。

姉の場合、自ら家で自主練をしていたので

『あ~、今年はこれをするのね』と

私まで全部覚えてしまうくらいだったんですが、妹は皆無・・・・。

でも、せっかくの運動会。
少しは動いてほしいと思って、1週間前から家でも踊りの練習をすることにしました。

1.去年の運動会のビデオを見せ運動会の光景を慣らさせる。

娘は年少さん。といってもまだ3歳。
去年も未満児クラスで運動会に参加しているけど記憶は確かではないはず…。

運動会は、保育参観よりも沢山の親が来て盛大ですよね。

初めての光景に慣れるのに時間がかかるので、

今までも参加してたんだよ~。

ほら、姉が踊ってるでしょ~。

こんな楽しいイベントなんだよ~。

と、映像で自分は初めての体験じゃないと記憶させます(笑)

2.まずは姉も一緒に参加させて注目度を分散させてあげる。

もちろん、母親の私にですら踊る姿を見せるのを恥ずかしがる次女。

まずは身内には恥ずかしがらないよう克服させてみましょう。

私と姉が見ている中、一人で踊るというのは照れ屋さんにはハードルが高い。

というわけで、姉を使って

『私も踊ってみたいから教えて~』作戦。

初めは照れて、すぐおどけていた次女ですが、姉に教えるという優位な立場で自信がついてきたのでしょうか(笑)
少しづつ、『違う~、ここはこうするの』と率先するようになっていきました。

3.大げさな位褒めてあげる。

もちろん踊りがわからなくてあやふやな箇所も多々あります。

が、、

『わぁ~!!可愛い!』『上手だね~』と大げさな位、褒めてあげました。

沢山褒めてもらうと自信がつきますからね♪

4.踊りたいと言われたら忙しくても断らず相手をしてあげる。

いつもは『忙しいから後でね~』とかわしている私ですが、

せっかくやる気が出ている時に『後で~』と後回しにしていたらせっかくのやる気もダウンしてしまいますよね。

なので、踊りたいと言われるとスマホで曲を流してあげていました。

まぁ1曲2分程度ですからね。

それくらいなら忙しくても許容範囲です。

その甲斐あって人前で踊るのも順調に慣れてきて、運動会前日にはずいぶん踊るようになっていました。

本番!動きは控えめでも踊ってくれました

さて、いよいよ出番。

最初にかけっこがあり、2位と好成績だったので自信がついたのか?元気でのびのびしていました。

やっぱり、小さい子でも自信って大事ですね~。

踊りはあやふやな箇所もありましたが、控えめながらにもしっかり踊ってくれていました!!!

元気に大声で踊らなくても十分。

恥ずかしがり屋さんが少し克服できて、とてもうれしい一日でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする