節約を無理なく続ける為に大事な5つのこと

スポンサーリンク




節約って続けないと意味がないですよね。

私が節約を意識するようになってもうすぐ10年です。
今では節約する事が生活の一部になり、当たり前の事になっています。

今日は私が無理なく節約が続けるために大事と思った事を紹介しますね。

ストレスを感じる過度な節約はしない。

ダイエットと同じで節約の仕方にもあうあわないがあると思います。
ストレスを感じるような節約はしないように決めています。

というか、ストレスを感じながらする節約って絶対に続かないです。

家計簿のつけ方にしても封筒にわける方法やレシートを貼る方法、
アプリでつける方法等いろいろありますよね?

その中で自分が一番無理なく出来る節約からスタートするのがコツです。

夫婦でひとつの財布にまとめる。

共働きしていると財布は別ってよく聞きますよね。

でも我が家は結婚してからずっと財布はひとつ。
理由はいたって簡単。

家計管理がシンプルだからです。

・収入はいくらなのか?
・それに対して支出はどれくらいなのか?
・いつ、いくらお金が必要なのか?

別々の財布だとわかりませんよね。

なので、我が家は毎月給料日にはしっかり給料明細をチェックするために給料明細と引換えにお小遣いを渡す。というにしています。

ちなみに我が家では私がきっちり家計を握っています

なぜ私なのか?

それは、私のほうが得意だからです。

旦那さんの方が得意なら旦那さんでもいいと思います。
とりあえず家計は一本化!

家計は旦那に見せて共有する。

一人で管理していてもね、
してない方はまーったく解りませんよね。

男の人って特に料理とかしないから、食材がいくらなのか調味料がどれくらいするのか、こまごまするものにいくらかかっているのかなんて知る由もありません。

私も実家暮らしの時なんて、まーったく気にしていませんでしたから。
こっちがいくら頑張って節約して貯めても解らないんです。
だから一生懸命貯めた貯金通帳をみて、

『貯金、これだけしか貯まってないんだ。』と平気な顔して言うんです…( `ー´)ノ

なんかね、貯めれる人に言われたら

すみません…(;´∀`)。と素直に反省出来ますが、

貯金なんて出来ない人から言われたものなら・・・

なら、やってみろよー!!!!

と、叫びたくなります(笑)

『今ね、野菜が高いんだよ』といった所で野菜の相場すら知りませんから(笑)
ちょくちょくおつかいに行ってもらって相場はこれくらいだからと相場を教えることによって自然と身についていくんだと思っています。

私だって、レジの合計金額を聞いて

『あらっ?そんなにした?』と思ってレシートを見直すことがあります。

ひとつひとつの金額は大したことなくても、
合計したらこんなになる??って気づかされることがあります。

というわけでプラスの時もマイナスの時も、しっかり家計簿は見せています。

ゲーム、遊び感覚で楽しむ。

節約する=我慢ってイメージですよね。
それだと我慢ばかりしている・・・と虚しくなってきます。

この前、家族で回転寿司に行ってきました。

1か月に一度は夜に外食するというルールを作っていますが、
今月は昼間に外で食べないといけない日が続いた事もあって予算は低め。
なので、大人は8皿、子供は4皿まで!というルールを作りました。

そうすると、一皿一皿大事に食べるし吟味しながら注文するんですよ(笑)
2貫はいらないから1貫づつシェアしよう!とか。
最後の〆のお皿は何にしよう( *´艸`)とか。

結局、みんな一皿ずつオーバーしましたが(笑)
普通に食べる時よりもはるかに賑やかに楽しく食べれました。

ものは考えようです。
上限決めて回転寿司なんて楽しくないと取るか、それを楽しむのか。

えっ!?
それだけじゃ、お腹いっぱいにならないんじゃない?って(*´ω`*)

いいんです!!
別にたまには物足りなかったね~。また行こうね!
くらいで家に帰って、お腹が空けばお茶漬けでも食べればいいんです。

一人で頑張らずに家族を巻き込む。

一人で頑張っていてもバカらしくなってなかなか続きません。

それに、こっちは毎日コツコツ節約していても、旦那がどーんと趣味に使ったりしていたら元も子もないですよね。

貯金したお金って結局は、家族みんなが使うものだから。
貯めるのも家族みんなで協力するべきだと思います。

子供も旦那も協力して節約に励むためには、
解りやすく目標をたてる事が一番です。

『ディズニーランド行くために頑張ろう』とか
『大きなテレビ買うために頑張ろう』とか..ね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする