最近の学校給食は昔に比べてどう変わった?

スポンサーリンク




小学校に通いだして半年。
長女もすっかり慣れてきたようで毎日元気に登校しています。

『学校で一番楽しい時間は何?』って聞いたら

『給食~!!』と即答されました(笑)

確かに私も、給食の時間が一番好きでした( *´艸`)
みんなで机くっつけておしゃべりして。楽しかったなぁ~。

最近はどんな風になっているんだろうと思っていたらちょうどこの前、給食参観がありました。

子供たちの給食の過ごし方

気になる献立は

ハンバーグ、胚芽食パン、野菜スープ。

私の小学校時代より、品数が少なく全体的に『質素』に感じます。
といっても、子供の頃の記憶なんてうる覚えだけど(笑)
でも、子供にとっては余計な野菜の副菜がなくてありがたいのかもね。

食パンの日には必ずイチゴジャムやチョコジャム、マーガリンが出てたのに。
今日は胚芽食パンだからか?ジャムはついていません。

今はたまに出てもブルーベリーや甘夏とか女子が好きそうなジャム。
わが娘は案の定、苦手らしい(笑)

定番のイチゴやチョコでいいのに~~ってひそかに思います。

給食当番が配ってくれます

今も変わらず、給食当番がいます。

1クラス30人程度だからクラスの半分が当番さん。

お昼時間になると給食当番さんが白いエプロンに帽子をして牛乳やスプーンを配っていました。
私たちの頃は一人ひとり並んで当番さんにおかずを入れてもらっていましたが、今は当番さんがすべてしてくれます。

配り終わると、エプロンを脱いで席に座ります。

机の並びは昔と変わらず

やっぱり給食になると机をくっつけて6グルーブになりワイワイ食べていました。

といっても、今日は参観日。

みんな緊張してあんまりお話していなかったけど(笑)

娘は同じ席の女の子と事前に『お揃いのナプキンにしよ~』と約束しておいた、お揃いのナプキンで仲良く食べていました。

食事タイムは20分

食事の時間は20分。

子供の頃、掃除の時間まで席で給食を食べてた記憶があるけど、今は最初から食べれる量を指定して無理のない量を提供していました。

昼休み、掃除時間の間を使ってまで完食しなくてもね・・・。

食べれる量だけ食べてさっさと食事タイム終了の方が効率的かも。

その代わり、お替りは完食した人だけ。
娘、男の子に交じって、しっかり『ハンバーグ』のお替りしていました。

たまにパンを残して持って帰ることもあるから量的には足りてるんだろうね。

知らないうちに姿を消していたソフト麺

私が子供の頃、大好きだった献立はミートソースとソフト麺。
なんとびっくり、廃止になっているようですね~。

製造業者が減っていることについて、全国学校給食めん協議会会長は
「2009年に文部科学省から出された通知『学校における米飯給食の推進について』の影響が大きい。米飯給食を週3回から週4回に増やす新たな目標が設定された」と説明

週4回米飯の日にする目標が設定されたって、、
まだ米飯は週3、パンは週2だけど????

製麺業者の負担が大きいことも理由の一つ。低中高の学年ごとと教員用で変えている。配送当日は90度の温度で40分間の蒸気殺菌をした上で、学級ごとの人数分を容器に入れ、給食直前の午前11時ごろに学校に届けなければならない。容器の回収も当日に行う。

意外と手間がかかるんですね。
私たちが子供の頃は袋のまま出てたけど・・・。

今はわざわざソフト麺にしなくてもスパゲッティーやうどんが出てるようなので、なくなるのは当たり前か(笑)

でも、、あの開けにくい袋、ほぐしにくい麺。
飛び散ったりして、ちょっとイラッとしたり(笑)
やっぱり印象に残ってるし残念です。

ツッコミどころ満載な献立

献立その①

・麦ごはん
・肉うどん
・こまつな炒め物
・味付けのり

炭水化物に炭水化物!?
これは味付けのりで麦ごはんを食べるしかないな~。

献立その②

・背割りコッペパン
・ボイルドソーセージ
・キャベツのソテー
・トマトケチャップ
・野菜スープ

一見、、、
キャベツのソテーって一品に見えるけど、
おかずが沢山あるように見えるけど、、、

結局はホットドックだよね!?

これだけ???( ゚Д゚)

献立その③

・黒糖パン
・しゅうまい
・八宝菜

この献立なら、パンじゃなくてお米でしょ(笑)
まぁ、ご飯に牛乳でも全然大丈夫だったから、これもアリなのかもね・・・。

最後に

なにはともあれ、
楽しい給食は今もしっかり健在でした。

ツッコミどころ満載な献立だけど、、物足りないおかずだけど、、、

毎日お弁当持参なんて本当に大変だし…

温かい給食を食べれることはありがたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする