妊娠・出産前にしておいて本当に良かったこと

スポンサーリンク




出産前には育児本を読んで必要なものをそろえたり、
思い出つくりのマタ旅やマタニティフォト。
産後に向けてのおっぱいマッサージや会陰マッサージ等、色々としないといけない事があって大変ですよね。
今日はその中でも、本当にしておいて良かった事を紹介します。

仕事を辞めずに頑張った。

独身時代はとにかく仕事を頑張りました。
特別、出産の為頑張っていたわけではないけど、
ちょうど27~28歳位って、任される仕事も後輩も増えていくし、
上司からも評価され始めて一番面白くなる時ですよね。

もちろん、やりがいをもって仕事をしていた時期はありましたが、
妊娠時は嫌なことも沢山あって、もう辞めたいモードでした。

辞めたいけど、子供も欲しい。
今辞めて再就職出来たとしても妊娠は後回しにしないといけないし、
それなら早く妊娠して産休とって休みたい!!

という理由から嫌々ながら頑張って働いていました(笑)

そのおかげで、出産手当金、育児休業給付金と休んでいる間も
お金をもらう事もできましたし、保育園も4月入所だとすぐ入れました。

復帰後も比較的休みやすく自由がきいていているので、
本当にあの時、辞めなくて良かったと思います。

仕事に必要な資格を取った。

資格って、わかりやすい武器になりますよね。
仕事につながる資格だとなおさら。
仕事の幅も広がるし、評価の対象にもなり給料にも反映されます。

実務経験+資格。

これから転職するとしても、なによりの強みになりますよね。
子供が出来てからは勉強なんて、なかなか出来ません。

仕事が終われば、自分の時間ですから。
ちょっとテレビを見た後、寝る時間まで勉強する。

無理なく時間が取れるんです。

結婚する前までは、彼氏とのデートや合コン等、
なにかと忙しくて、家で勉強する暇なんてないですよね(笑)

でも、結婚したからこそ心にゆとりもできて勉強に集中できるのではないでしょうか。

脱毛しておいて良かった。

これは出産を意識していたわけではありませんが、
もし、まだ脱毛をしていなくて悩んでいる方がいれば絶対しておいた方がいいです。
今は昔と違ってお値段もお手軽になっていますよね。

私の場合、出産前に切迫早産で入院するというハプニングがありました。
24時間点滴をつけたままなので、お風呂はおろか、着替えすら出来ませんでした。
そんな時、ムダ毛なんて気にしたくないですよね(笑)

それに、子供とお風呂に入る時。
子供を前に毛の処理なんてしていたら、何て言われるかわかりません(*´ω`*)
そして子供はよそで言いますからねーっ!!!
何気なくやっていたムダ毛処理がここまで役にたつなんて!といったところです。

産後に行きにくい所に出かけておく。

産後、なかなか行きにくくなる場所。
高級なレストラン、話題のお店から、映画館、旅行等など。

でもね、産後でも意外と行けます(笑)

産んでしばらくは行けないと言いますが、
ベビーカーに大人しく乗ってくれている時期こそ行きやすい。

おっぱいあげたり抱っこしてゆらゆらしていたら寝てくれますから。

もうちょっと大きくなると、

・じっとしていられない。
・話にわって入りたがる。
・面白くなくなると帰りたがる。

等、ほんと大変です(笑)

それこそ結婚してから長女が1歳になる前くらいまでは
毎年結婚記念日にディナーをしていましたが、
それ以降、お祝いは家で豪華にする。もしくはランチです。

友達と会うのも夜の飲み会から昼間のランチにかわりました。
子供が小さいうちは夜なかなか外に出れません。
旦那や親に預けて昼間にちょっとランチや映画を見る事は出来ても
夜に預けて飲み会は仕事関係以外、やっぱり気が引けます。

元々そんなにお酒が好きなわけではないので、飲みに行きたーい!!と思うことは少ないですが、やっぱりたまーに『焼き鳥』は食べたくなります。
だって、ランチで焼肉はあっても、焼き鳥ってないですよね?
居酒屋メニューや鍋、お刺身は家で用意できても、焼き鳥って難しいですよね?

引っ越ししておいて良かった。

結婚してからは広めの1LDKに済んでいました。

二人で住むには利便性も良くちょうど良かったんですが、
この広さでベビーベット置いたり赤ちゃんのお世話はどうかな?
ということもあり、2LDKの和室のあるお部屋にお引越ししました。

隣も下も同じ子育て世代の人が住んでいたので
子供の泣き声でクレームになることもありませんでしたし。

駅から遠くはなったけど、
近くに散歩コースのある大きな公園もあったので出産前は旦那さんと
一緒にウォーキング、産後はベビーカーで散歩とゆったりとした時間を過ごせました。

狙ったわけではなかったけど、保育園も近くて。
保育園が近いと本当に便利でした。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする