ママ友の作り方。小学生こそママ友は必要

スポンサーリンク




小学校に入って、やっぱりママ友は必要だーと感じる機会が多いです。

はじめに言っておきますが、、、

わたしはママ友つくり、苦手です…。

だって、長女の通った5年間の間、
ママ友と呼べる人は皆無ですから(;´∀`)

みんな、どうやって仲良くなっているんですかね?

どのタイミングで連絡先交換しているんだろう。

保育園の送迎の時

7時半過ぎには保育園に連れていって、
18時前ギリギリにお迎えに行っていました。

この時間帯だと『お疲れ様です。』の一言だけで
さっさと帰る比較的あっさりしたママが多かったし、それが私にはちょうど良くて、あえてこの時間に行っていました。

こういうのがダメだったのかな(*´Д`)

連絡先交換するキッカケ

育児休暇中、17時前にゆっくりお迎えに行けていたのと長女が仲良くしている子供のママ達とお迎えが同じ時間帯だったので、自然とおしゃべりするようになりました。

でも、みんな働いているママ同士。

休みの日に遊ぼうなんて話にはならないし。

LINE交換するキッカケもなく、、

結局、誰ともしていません(;´∀`)

正直、連絡先を知らなくても、困る事はなかったからです。

そして気が付けば年長さんになりもうすぐ小学生


長女から『休みの日に●ちゃんと△ちゃん一緒に遊んだってー』という話がちらほら出てくるようになりました。 

もちろん長女も『私も遊びに行きたい』と言い出して・・・。

時には『日曜は●●ちゃんが遊びに来るから』と
勝手に約束してワクワクしていたり。

もちろんその友達のママの連絡先も知らないので来るはずはなく・・・。

娘に『連絡先知らないしお家もわからないから来れないよ~』と言っても

『ちゃんと家を教えたよ~。なんで来ないのかな~』
と寂しそうにしている長女をみて

面倒くさがってママ友つくりを避けていた事を反省しました。。


そんな時、小学校入学前身体検査や入学前説明会やら学童の申し込みやら
色んなことが始まりわからないことだらけに(*´Д`)。

ママ友作りに奮闘する日々

わたしがどうやってママ友を作ったかというと、、、


発表会等のイベント時や、
お迎えの時間をちょっと早めてみたりして
同じ校区の先輩ママをみつけて、解らない事を質問する事から始めました。

私、話しかけるのって苦手です。

だって、話題が天気くらいしか出てこないし・・・。

でも、わからない事を聞くなら会話に困らないから話しかけやすい(笑)

最終的には、卒園式後のお別れ会。

運よく、行動力のある素敵なママさん達がお別れ会を開催してくれました。

担任の先生も来ない。いわゆる保護者の飲み会です。

一応、5年間通っているので、
ママ友はいなくても〇〇ちゃんのママという顔見知りが殆どです。

話してみると気さくで親切な人が多く、
みんな働くママなので悩みも似てて共感することだらけ。

同じ小学校に行くママさん達と、ようやくLINE交換しました( *´艸`)

ママ友がいるメリット

通っていた保育園から同じ小学校に行く子供は結構多く、仲のいい子とも一緒で一安心です。

小学校という未知の世界・・・。大人の私だって知っている子が
チラホラいるだけですごく落ち着きます。

小学校って、やっぱりわからないこと多くて(;’∀’)

説明会で大体のことは教えてもらうんだけど、

・入学式にランドセルは不要と言われたけど本当に要らないの?
・鉛筆や消しゴムはキャラクター禁止って書いてあるけど筆箱は?
・スクール水着ってスカートでもいいの?

とか結構どうでもいいことなんだけど(笑)
いざとなったら可愛いわが子が浮かないようにと気になって(;´∀`)

入学してからも解らない事はたくさんでてきます。

例えば、宿題は何ページだった?とか(笑)



保育園時代はお迎えがてら、担任の保育士さんに聞けば済んでいた事も、
小学校に入ると担任の先生に会う機会は減り、連絡張でのやりとりになります。

連絡帳に書くまではないよなぁ~??みたいな些細な事を気楽に聞ける。
先輩ママ友がいると本当に心強いです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする